2014年09月

19日から23日まで、
  dac聴こう会はじまる。音楽を見直そう!
 
  併設、なんでも相談会と展示・中古品販売会
愛聴盤を持つって来店を、待っています。
dacを取り上げた記事を
Senka 21の8月25日号
イメージ 1
 
dacの特徴が良く書いてある
analog AUTUMN 45号広告を見てください、新ホームページを告知。
イメージ 2
 
 
 
 
 
オーナーが自分用にテレビをよい音にと
LeridaとRP-146試作機を接続!
DVDもTVもCDもWIDに楽しんでいる写真です。相談のります。
イメージ 3イメージ 4

オーディオ全盛時代のお知らせ
 
知っていますか?
  高級アンプ・FMチューナのアキュフェーズ(ケンソニック)
  カセットデッキ・CDプレーヤのナカミチ
いまでも愛用されて、製品を探している方もいる
   ファンがいる。
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3アキュフェーズ
C-200 P-300 C-220 T-100 T-103 T-105
NG品 要修理(修理不可あり)
ストックするだけでも味わいがある
安価でゆずる
イメージ 4
 
 
イメージ 5ナカミチ製品
ドラゴン
RX-70
RX-202
482Z  580?
NG品 要修理 (修理不可あり)
  安価でゆずる
残念だね!今の製品には
  愛着わきますか?観てるだけでドキドキする
  
あなたの装置元気で鳴ってくれてますか?
装置の顔を一日一回ながめて話しかけている。
いい音・音楽が鳴るのはあたりまえ、
 あなたに取ってなくてはならない物になってる?
気にかけてあげて!!

今日から
  ”dacを聴こう会 part 1"   9/1から15まで(3/4/10/11休み)連絡を
        始まる。。。。皆さん遊びにきてください。
 
注目は
  世界初の振動版(四分割のリードがアンサンブルのハーモニーを出す、これが”世界初”)
Leridaだ、
   10cmスピーカーユニットのコーン紙を止めてるエッジを布状のものからセーム皮
   (小鹿の皮を1枚張出なく、4枚張にしそれぞれのテンジョン調整(チューニング)し
   丁度大型のトランポリンの上で、大人・子供・プロが同時に演技・飛跳ねると、よい
   トランポリンはここの位置で上下に変化し干渉しない。その習性を利用したのが
   この10cmスピーカーユニットである。ただし、調整は楽器の調弦と同じく個人差が
   あるから。。。。その人しか出来ない。dacオーナーの調整された物を
    直に直接・聴いて確かめてほしい
    聴かない人は、くやしい気持ちがいつまでも続くであろう。
   Boxは大きさ・百科辞典二冊分の幅・高さである
       構造はバックロードホーンになり、その上の開口部に上記の振動版が
       調整されてマウントされてる。
   出来上がるまで、調整・修正をくりかえし。。。。完成して350時間から500時間
   鳴らしのためエージングをおこなって、お客様に提供してる。
   それに、現システムとの調整・また部屋の置き方のアドバイスを必ずしてる。
    その為、購入者は満足度一杯、あたらしい音楽の世界を体験される。
 
   上記コメントを読み、興味をもたれた方、お店の方
      dacまで自宅・店で直接試聴してみたい方 連絡してください。
        あたらしい発見、小さい音量でも聴けることを発見するでしょう。。。。
   鳴らしはじめはウオーミングupできてないので全体に硬い音がする。
 
他にもおもしろい物があふれてる。
   なんでも相談。。。ほかで聞けないことでも
      しんみになって聞いてくれて、ほかでは聞けないアドバイスが参考になる
        もちろん、相談は無料だ!!
 
 

↑このページのトップヘ